社員インタビュー

新しい技術をうまく
活用することで、
より人と向き合う時間を
増やしたいです。

浅田 誠司 相続法務部門 2011年入社

浅田 誠司 相続法務部門 2011年入社

当グループに入社したきっかけは?

前職も司法書士事務所に勤務していましたが、当グループは司法書士業務に加えて税理士業務も展開していたため、お客様により幅広いサービスを提供できると思い、入社しました。入社当時は開業間もない頃だったので、きっと新しいチャレンジができるだろうと思ったのも理由のひとつです。

現在の仕事内容は?

相続に関するお悩みを聞いてご相談を受け、それに応じた必要な手続きを行ったり、対策をご案内したりするのがメインの業務です。お客様のご相談もさまざまで、初回面談でひとしきりお話されてスッキリしてお帰りになられる方もいれば、ご依頼内容によっては1年近くサポートさせていただく方も。どのお客様にも納得していただけるよう、手続きが完了するまで心を込めてサポートいたします。

仕事の面白さ、やりがいは?

お客様から感謝の言葉をいただいたときには、やりがいを感じます。相続はお客様にとって非日常の出来事。無事に手続きが完了したときは、どのお客様からも「ありがとう」と言ってもらえます。なかには目を潤ませる方もいらっしゃって、人の役に立っていると実感できます。

仕事で大切にしていることは?

感謝の気持ちを忘れないことです。お客様にはもちろんですが、いっしょに働く仲間にも感謝を言葉で伝えるようにしています。一人でやれることには限界があります。信頼できる仲間といっしょに働けることは、人生においてとても幸せなことだと思います。

将来の夢や目標は?

より多くのお客様からご相談していただけるよう、ひとつひとつの案件に誠実に向き合って信用を積み重ねていきたいです。またAIやRPAなど新しい技術をうまく活用して、「より人と向き合う時間」を増やしていけたらと思います。

採用ページトップ